メディア掲載一覧

MITBAC通信にテレワーク1000プロジェクト並びにライフネスの石巻市での取り組みが紹介されました

(社)みちのくIT経営支援センターが発行する情報誌「MITBAC通信」に、テレワーク1000プロジェクト並びにライフネスの取り組みを、石巻市復興政策部新産業創造課の三浦主査にご紹介いただいております。


震災直後、右も左もわからない状態でお邪魔したにも関わらず、ライフネスの想いを感じ取っていただき、テレワーク1000プロジェクトはスタートできました。

今年度は更なる支援、取り組みを加速して参ります。

■MITBAC通信vol.4
石巻市「テレワーク1000プロジェクト」の取り組み〜被災地におけるテレワーク普及に向けて〜

メディア掲載一覧 | 2014年4月22日

【2013.8.26】日経新聞:障害者雇用支援に知恵‐在宅勤務やバリアフリー化‐で弊社サービスが掲載されました

本日(8月26日)の日経新聞朝刊に弊社の取り組みが紹介されました。

6月に改正された障害者雇用促進法、企業の法定雇用率は2%になったが実際は1.69%にとどまっているとし、在宅勤務で障害者雇用を支援するライフネスの取り組みが紹介されました。

(記載内容の一部)

在宅勤務支援のライフネスは人材サービス大手のマンパワーグループなど5社と連携し、障害者の雇用率を高めたい企業が在宅勤務の形で障害者を雇えるようにするサービスを始めた。

人材会社が企業に障害者の人材を紹介し、ライフネスが勤怠管理や情報管理など在宅勤務システムを提供する。視力が弱い場合には読み上げソフトを導入するなど障害者の事情に応じたシステムを用意する。昨春のサービス開始から20人以上の雇用に結び付いた。


■詳しくは日本経済新聞(2013/8/26朝刊13面)

障害者雇用支援に知恵 在宅勤務やバリアフリー化

大手と事業化 法改正に対応

nikei_130826_2.jpg

【2013.6.26】日刊工業新聞:テレワークを活用した就業支援サービスが掲載されました

6月26日の日刊工業新聞に「在宅勤務を活用 就業支援で提携 ライフネスとリョービシステムサービス」と題し、弊社と株式会社リョービシステムサービスとの業務提携並びシステム面は日商エレクトロニクスが開発したクラウドエントリーシステムの採用に関して掲載されました。


(一部抜粋)

ライフネスリョービシステムサービスは25日、テレワーク(在宅勤務)を活用した就業支援で業務提携すると発表した。ライフネスは受託業務の発掘や在宅勤務者の教育を担い、リョービシステムサービスはITを活用した業務管理などを担当する。

……

当面は入力業務やテスト採点などで年間1000人程度の就労を目指す。

■詳しくは日刊工業新聞2013.6.26(9面)

メディア掲載一覧 | 2013年6月26日

【2013.6.25】日経産業新聞:テレワークを活用した就業支援サービスが掲載されました

6月25日の日経産業新聞に「ライフネスなど 自治体・企業向け テレワーク活用 就業支援」と題し、弊社と株式会社リョービシステムサービスとの業務提携並びシステム面は日商エレクトロニクスが開発したクラウドエントリーシステムの採用に関して掲載されました。


(一部抜粋)

テレワーク支援のライフネスは、業務受託などを手掛けるリョービシステムサービスと業務提携し、在宅勤務などのテレワークの仕組みを活用した就業支援サービスを始めた。働く時間や場所を柔軟に選べるため、女性や障害者などの雇用促進につながるとし、自治体や企業向けに売り込む。

新たに始めるサービスは、ライフネスがテレワークでできるデータ入力業務などを切り出すためのコンサルティングなどを担当。リョービシステムサービ スはこれまで自社でテレワーカーを活用して業務受託を手掛けてきたノウハウを活用し、作業者の業務の進捗や労務管理などを手掛ける。

……

主に育児・介護との両立支援や東日本大震災の被災地での雇用創出などを目指す自治体向けに売り込む。企業向けにも順次広げ、年間1000人規模の就労支援を目指す。


■詳しくは日経産業新聞(2013/6/25 19面)

メディア掲載一覧 | 2013年6月25日

【2013.4.27】読売新聞:ライフネスの被災地テレワーク支援が掲載されました

4月27日読売新聞(夕刊)の被災地の求人状況を紹介する記事の中で、弊社が震災直後から取り組んでおります被災地テレワーク就業支援(テレワーク1000プロジェクト)の記事が掲載されました。


記事の中では実際にテレワークで仕事をされている宮城県塩釜市の方のインタビューも掲載されて居ります。

◆1日5時間
被災地では、求人があっても力仕事の建設業などに偏る傾向がある。そうした中で、女性などに働きやすさの観点で注目されるのが、自宅でパソコンを使い、入力作業などをする「テレワーク」だ。

宮城県塩釜市の高崎綾子さん(38)は昨秋からテレワークを始めた。インターネットを使って、全国の自治体の入札情報を収集している。1日5時間ほど作業し、月に約5万円の収入がある。
高崎さんは、派遣社員で食品会社の事務をしていた。震災後に契約を解除され、近くに住む高齢の両親が心配なため近場で事務の仕事を探していたが、見つからなかった。

高崎さんが利用する「ライフネス」(東京)は2011年7月から被災地で事業を展開し始め、約1000人の実績がある。高崎さんはテレワークを知って「働く時間が自由で、両親にもすぐに会える。もっと技能を磨いて収入を増やしたい」と意気込んでいる
(記事一部抜粋)

■詳しくは読売新聞(2013/4/27夕刊 5面)
yomiuri130427e.PNG

メディア掲載一覧 | 2013年4月27日

【2013.3.7】富山新聞:富山テレワークセミナーでライフネスが説明

3月7日の富山新聞の朝刊で総務省テレワーク全国展開プロジェクトの一環である、全国テレワークセミナー(20都市で開催)の富山セミナーの様子が掲載され、弊社東北活性化事業部長の五十嵐についても記載されています。


■詳しくは富山新聞新聞(2013/3/7 4面)
toyama130307.jpg

メディア掲載一覧 | 2013年3月 7日

【2013.1.22】日経産業新聞:ヤフーとライフネスの業務連携が記事掲載されました

1月22日の日経産業新聞に「ネットで個人に業務発注 ヤフー、事業参入 2社と連携」と題し、弊社とヤフー株式会社との業務連携が掲載されました。


ヤフーは21日、インターネットを通じて企業が個人に業務を発注する「クラウドソーシング」事業に参入したと発表した。専業のクラウドワークス(東京・港、吉田浩一郎社長)、ライフネス(東京・渋谷、城戸康行社長)の2社と連携し、顧客企業の融通を受けるなどする。
…ライフネスは東北の就業支援などで実績を持っている。
(紙面より一部抜粋)

■詳しくは日経産業新聞(2013/1/22 5面)

テレワークニュース | 2013年1月22日

【2012.9.17】日経新聞:被災者の就労 陸前高田で支援 「自宅や仮設住宅で作業できる仕事の紹介」 ライフネス

本日(9月17日)の日経新聞朝刊に弊社の取り組みが紹介されました。


(記載内容の一部)
在宅勤務関連のコンサルティングを手掛けるライフネス(東京・渋谷)は、岩手県の陸前高田市で就労支援事業を始めた。現地の復興支援組織と連携し、被災者にIT(情報技術)スキルを訓練した上で、自宅や仮設住宅で作業できる仕事の紹介や管理をする。今年度で100人規模の就労支援を目指す。

 現地で復興事業を手掛ける社団法人の「SAVE TAKATA」と協力する。被災者にはITスキル訓練の提供のほか、パソコンやカメラなどの機材を提供。在宅でできる仕事を提供することで、被災地から離れずに就労できるように支援する仕組み。

 ライフネスなど170社が連携して手掛ける被災地向けの就労支援事業「テレワーク1000プロジェクト」ではすでに宮城県石巻市などで600人の就労実績がある。

■詳しくは日本経済新聞
被災者の就労 陸前高田で支援 ライフネス



メディア掲載一覧 | 2012年9月17日

【2012.9.6/9.9】東海新報:陸前高田市 在宅勤務に広がりを ITを活用した事業展開説明

9月6日、9日の両日、東海新報に陸前高田市での「東北UPプロジェクト」と「テレワーク1000プロジェクト」による、在宅就業支援の説明会の記事が掲載されました。


在宅勤務(テレワーク)就業支援に関する求職者向け説明会が陸前高田市の「陸前高田まちづくり協働センター」開かれた(9/8)。インターネットに接続したパソコンを使った在宅勤務のニーズや今後の展開についての説明があり、参加した市民らは熱心な表情で耳を傾けていた。(紙面抜粋)

rikuzenntakata120908.jpg
一般社団法人SAVE TAKATA佐々木理事長
「家庭内で空いた1~2時間の活用や、子育てとの両立など、パソコンによる在宅ワークを働き方の一つの選択肢として定着させたい。市内でもあまり例のない取り組みであり、誰かが誰かを助けるのではなく、みんなで創り上げる進め方をしていきたい」

ライフネスは「テレワーク1000プロジェクト」での1年以上に及ぶ被災地での就業支援の実績、ノウハウを陸前高田市でも展開して参ります。

■詳しくは

メディア掲載一覧 | 2012年9月 9日

【2012.8.1】人材ビジネス:派遣の新しいかたち テレワークで実現する「在宅型派遣」

株式会社オピニオンが発行しています「月刊人材ビジネス」8月号に弊社の取り組みが紹介されました。
今秋の改正予定の派遣法の概要などが8月号には取り上げられており、ご関心お持ちの方も多いのではないでしょうか。

◆イチオシ(P46-47)
派遣の新しいかたち テレワークで実現する「在宅型派遣」 株式会社ライフネス

震災を機に注目を集めるテレワーク(在宅勤務)。人材サービス業界でも、このテレワークのメリットを生かした「在宅型派遣」サービスの提供が始まっている。

「テレワークに必要なサービスをパッケージ化」
テレワークキットは、遠隔業務を実現するクラウドシステムと導入・運用支援、コンサルティングなどをひとまとめにしたパッケージサービス。在宅型派遣を可能にする各種サービスがそろっており、育児や介護で短時間勤務のみ可能な人や遠距離通勤が困難な障がい者、シニア層などの雇用機会創出につながるという。

■詳しくは 「月間人材ビジネス」
イチオシ 派遣の新しいかたち テレワークで実現する「在宅型派遣」

メディア掲載一覧 | 2012年8月 1日