【2012.9.6/9.9】東海新報:陸前高田市 在宅勤務に広がりを ITを活用した事業展開説明

9月6日、9日の両日、東海新報に陸前高田市での「東北UPプロジェクト」と「テレワーク1000プロジェクト」による、在宅就業支援の説明会の記事が掲載されました。


在宅勤務(テレワーク)就業支援に関する求職者向け説明会が陸前高田市の「陸前高田まちづくり協働センター」開かれた(9/8)。インターネットに接続したパソコンを使った在宅勤務のニーズや今後の展開についての説明があり、参加した市民らは熱心な表情で耳を傾けていた。(紙面抜粋)

rikuzenntakata120908.jpg
一般社団法人SAVE TAKATA佐々木理事長
「家庭内で空いた1~2時間の活用や、子育てとの両立など、パソコンによる在宅ワークを働き方の一つの選択肢として定着させたい。市内でもあまり例のない取り組みであり、誰かが誰かを助けるのではなく、みんなで創り上げる進め方をしていきたい」

ライフネスは「テレワーク1000プロジェクト」での1年以上に及ぶ被災地での就業支援の実績、ノウハウを陸前高田市でも展開して参ります。

■詳しくは