テレワークニュース

クラウドソーシングをブランド力とロイヤルティー向上に生かす7つの方法(上・中)


記事では、企業幹部やマーケティング専門家らの話をもとに、企業がクラウドソーシングを活用する方法を7つ紹介しています。
「群衆のパワーを効果的に生かす」参考にしてみてはいかがでしょうか。
次回(3月7日公開)に続く


【出典元】ITpro

テレワークニュース | 2014年3月 7日

MSやグーグルが「長時間労働」を忌避する理由 日本経済復活への処方箋は労働時間革命


日経ビジネス2月10日号の特集「働き方革命」で取り上げられなかった企業の事例や、「働き方革命」によって自らの働き方や意識を変えたビジネスパーソンを紹介している記事です。
短時間でどれだけ効率よく生産性をあげるか、見極める経営者と資質を問われる従業員。厳しいようですが、そこで生きてくるのは多様な働き方とワークライフバランスではないでしょうか。


【出典元】日経ビジネスオンライン

テレワークニュース | 2014年3月 6日

新発想、全社員にタブレット配布

記事によると“全社員型”ともいえる新しいタブレット導入形態を採る企業が現れているそうです。
全社員型の導入形態が現実的になった背景には、Windows 8ベースのタブレットの台頭があるということですが、各社様々な活用方法を見出し、メリットを生かしています。


【出典元】ITpro - エンタープライズICTの総合情報

テレワークニュース | 2014年3月 5日

プロvsアマチュア 仕事の争奪戦が始まった! シニアの働き方もネットで大変革の時代


時代はIT化まっしぐら。クラウドソーシングサービスなどによりフリーランスを取り巻く環境が大きく変わってきたといえるでしょう。
記事はプロ・アマチュア・シニアと取り上げられていますが、それぞれが自身の特徴やスキル、メリットを考えてサービスを活用し、利用しているということがわかりますよ。


【出典元】ダイヤモンド・オンライン

テレワークニュース | 2014年3月 4日

「人生で一番無駄なのは通勤」 在宅勤務は「企業と社員」を救うか

J-CAST 会社ウォッチで在宅勤務制度について取り上げられました。
在宅勤務制度についてはメリット・デメリット、様々な意見が取り上げられますが、「成功に導くコツ」を知っておくことは大切といえるでしょう。


【出典元】 J-CAST 会社ウォッチ

テレワークニュース | 2014年3月 3日

2週連続で大雪に襲われた首都圏、「在宅勤務」はもう必須!

記事は「2週連続で大雪が首都圏を襲ったいまこそ、在宅勤務・最前線をお伝えしたい」として、テレワークマネジメントの田澤由利氏に話を聞いています。
2014年2月の大雪は多くの人が在宅勤務の必要性を感じたのではないでしょうか。


【出典元】クラウド Watch

テレワークニュース | 2014年3月 1日

三重「長時間労働だめ」ライフネット生命会長が講演

旧美杉村(現津市美杉町)出身で、6年前に生命保険会社「ライフネット生命」を立ち上げた出口治明会長が、子育て世代の男女を前に「働き方」について講演し、現在の雇用形態などについて持論を述べました。
「一番だめなのは、子育てが女性の仕事になってしまうこと」という言葉に共感できる人もいるのではないでしょうか。


【出典元】朝日新聞デジタル

テレワークニュース | 2014年3月 1日

障害者の在宅勤務・在宅就業ケーススタディ −20の多様な働き方−

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(JEED)のサイトに、障害者の在宅勤務・在宅就業のケーススタディが掲載されています。
企業等での導入事例や、障害者の在宅勤務導入に役立つ資料が提供されています。
参考になるのではないでしょうか。


【出典元】高齢・障害・求職者雇用支援機構

テレワークニュース | 2014年2月28日

ITの進化が追い風  「在宅勤務」に本気で取り組む時代が来た

政府も「世界最先端IT国家創造宣言」で目標値を掲げており、企業にも社員にもさまざまなメリットをもたらすといわれているテレワーク。
しかし、それほど普及してこなかったのですが、それがいま再び脚光を浴びつつあるのはなぜなのか、記事はテレワークマネジメントの代表取締役である田澤由利さんに話を聞いています。
テレワークを導入する上で必要になるであろうサービスを知ることも大切ですし、何よりも自社の今後を考えた時に、テレワークがもたらす効果を想定することも必要になるといえるのではないでしょうか。


【出典元】 ダイヤモンド・オンライン

テレワークニュース | 2014年2月27日

T・ブレイ氏、グーグルを退職へ--在宅勤務を譲らず

XMLの第一人者として知られるティム・ブレイ氏(58)が、在宅勤務が認められなかったことを理由にGoogleを退社したことを発表しました。
シリコンバレーのIT企業は遠隔勤務を好む従業員に寛大ということですが、反面、社員同士のコミュニケーションと協力による効果も大切ということでしょうか。


【出典元】CNET Japan  / ITmedia エンタープライズ

テレワークニュース | 2014年2月26日