テレワークの効果

テレワークの効果イメージ 少子高齢化、労働力人口減少など社会構造の変革に対応

人口構造の急激な変化の中で、個々の働く意欲に応え、その能力を遺憾なく発揮し活躍できる環境に寄与

生産性・効率性の向上

集中して業務が行える時間の増加、通勤による疲労解消など心身への負荷軽減、顧客先への訪問回数・時間の増加

ワークライフバランスの実現

家族と過ごす時間、自己啓発などのプライベート時間充実。家庭内コミュニケーションの向上

環境負荷の軽減

通勤の為の移動に伴うCo2排出の削減、ペーパーレス化やオフィススペース削減などによりエネルギー使用減などの地球温暖化対策に寄与

災害、パンデミック等に対する危機管理

緊急時・非常時などの自宅勤務、オフィス分散化などによる迅速な対応、事業継続が可能。

有能・多様な人材の確保

柔軟な働き方の実現により、人材の確保と流出防止、能力の活用が可能

コストの削減

フリーオフィス化によるペーパーレス、備品、光熱費などの削減。通勤交通費削減。短時間勤務による法定福利費削減

地域活性化の推進

集約オフィスが不要となり、業務分散化など推進でき、Iターン/Uターンなど地域活性化

雇用の継続・創出(育児・介護対策)

育児・介護と就労の両立が容易、既婚女性・高齢者・身障者等の就業機会の拡大