総務省のモデル事業『ふるさとテレワーク実証事業』スタート

2015年8月30日
株式会社ライフネス

総務省のモデル事業『ふるさとテレワーク実証事業』

岩手県大船渡市でスタート


総務省のモデル事業である『ふるさとテレワーク実証事業』が岩手県大船渡市で2015年8月27日より始まりました。

このモデル事業はは大船渡市に整備した『ふるさとテレワークセンター』を拠点にし、テレワークによる都市部のIT企業のエンジニアやITエンジニアの自営業者などの人材の移住や2拠点勤務を目指します。また、移住者との交流による大船渡市を中心とした地域人材の育成を推進することも目指すとのことです。

更にはICTを活用した学びの支援も実施し、新規産業および新規雇用の創出だけでなく若者の地域離れの防止など、テレワークを中心に様々な効果を狙うというモデル事業で、テレワークを推進する総務省にとっても、大船渡市にとっても地域の活性化を担う人々にとっても非常に重要な試みになるのではないでしょうか。

ライフネスが主体となり運営している『テレワーク1000プロジェクト』では震災被災地支援にも力を入れています。テレワークを活用した現地の雇用創出や事業創出は震災被災地を支援することにもなりますが、日本が抱える人口問題などの課題解決に繋がる可能性を大いに秘めています。是非、皆様もテレワークという比較的新しい雇用、働き方にご注目下さい。

(参照メディアなど)
http://www.soumu.go.jp/main_content/000367399.pdf
http://www.nikkan.co.jp/newrls/pdf/20150827-23.pdf
https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150828_2

ライフネスではテレワークの推進を中心に地方創生、雇用創出、働き方の多様化に取り組んでおります。テレワークシステムの導入や多様なワークスタイルの確立などに関するご質問等は、お気軽に下記へお問い合わせ下さい。


-------------------------------------------------------------------------------

■テレワーク導入などに関するお問い合わせ先
□株式会社ライフネス  担当:浜野・吉村
TEL: 03-5304-5051 FAX: 03-5304-5052 Mail: info@lifeness.co.jp
----------------------------------------------------------------------------------